〜引越しや子育て、日々の生活のことなど徒然に〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author : スポンサードリンク
- | -
ららぽーと豊洲オープニングパーティー
先週の金曜日、ららぽーとのオープニングパーティーに行ってきました。
場所は有明のワシントンホテル。
豪華なホテル、というわけではありませんでしたが、食べ物やアルコールなどの飲み物も提供され、もちろん無料ですので、おなかの空いた私は十分に楽しむことが出来ました。

このパーティー、ららぽーとオープンについての座談会に参加された方などに招待券が配られたとのこと。
私は参加していなかったのですが、参加したフロントコートの方にお願いして連れて行っていただくことが出来ました(Mさん、ありがとうございました)。

パーティーでは、関係者の方々のご挨拶などがあったのですが、食べることに夢中だった私は、顔だけ前を向けたものの、手と口は動かしたまま。
区のサークルの方々によるダンスや歌などもあり、これは楽しませていただきました。
特に、うちの娘や、会場にいらしていたお子さんたちは、興味深そうに見ていました。
企業のパーティーの中で、区の方々の出演というのは、なかなかよい趣向かと。

帰りにはお土産までいただいてしまいました。
スーパーアオキ自慢の赤ワインに、限定プレオープンの招待券。
ワインはフルボトルですから、なかなかの太っ腹ですね。

主人は「なぜそんなことにお金を使うのか?」と不思議そうに言っていましたが、とりあえず招待された側には文句はひとつもありません。

限定プレオープンは2日の午後ですが、先週の工事の進捗を考えると、ちゃんと出来上がっているか、心配ですね。
もちろん出来上がっているはずですが。

本日は招待者限定のプレオープンのようですが、5日のグランドオープンの前に、3日、4日は、誰でも入れるプレオープンとなるそうです。
紀伊国屋書店などでは先着プレゼントなども用意されているようですし、行く価値もありそうですね。

豊洲情報 | 23:27 | author : 豊洲ママ
comments(12) | trackbacks(134)
「キッザニア東京」 追加情報
追加として、僭越ながら、今後キッザニアのプレオープンや、本オープン後に行かれる方にいくつかアドバイスを。

1.「キッザニア」までの道のりは、ららぽーと内を通ることになりますが、本日(9月23日)までのところ、エレベーターが使用不可になっていました。
キッザニアは3階ですから、ベビーカーは使用をお控えになったほうがよろしいかと思います。
これはもちろんオープン後には関係ありませんが。

2.パビリオンの中にはかなり所要時間のかかるもの(40分以上)、人気で待ち時間の出るものがあります。HPなどで、行きたいパビリオンを考えていったほうがよいかもしれません。

3.小さいお子さん(2、3歳)は「幼稚園」やその隣の「ウルバノハウス」が楽しく遊べると思います。
「幼稚園」は小学生以上の子供たちが「先生」として働きキッゾをもらうのですが、その「先生」にたくさん遊んでもらえます。しかも、ママパパはその場を離れてゆっくり休憩やお食事も出来ますよ。

4.授乳室もありました。広々と明るくキレイです。



でも、オムツが替えられるところが少ないかな?

5.お金(キッゾ)の使い方は計画的に。
(あまったら次回に使えるキッゾですが、やはり使い切ってきたいところ。買い物に全部つぎ込むと、訓練が受けられなくなります)
豊洲情報 | 17:38 | author : 豊洲ママ
comments(3) | trackbacks(4)
キッザニア東京 プレビューに行ってきました
みなさん、こんにちは。お久しぶりでございます。
・・・・・・といっても、前回更新からすでに3ヶ月以上。見てくださる方もいらっしゃらないかも知れないですねぇ。
実は、実家の家族と娘が立て続けに入院したり、退院したと思ったらまた娘が骨折したりと、しばらくバタバタした日々を送っていました。
とは言え、ブログを更新出来ないほど忙しかったわけではなく、ブログ熱が冷めていただけ、と言えば、そうなのかも知れませんが。

さて、それは置いておいて、今回久々の更新となったのは、来月にオープンとなる「ららぽーと豊洲」の中の「キッザニア東京」のプレオープンに、夫と娘、家族3人でお邪魔してきたからなのです。

「キッザニア東京」
ご存知の方も多いこととは思いますが、メキシコにある施設で、その日本進出第一号として、10月5日、ここ豊洲に「こどものためのエデュテインメントタウン」としてオープンします。

今回はプレビューということで、本オープンとは多少システムの違いがあることかとは思いますが、その感想など、書いてみたいと思います。

まず、入場です。
ここは様々な企業がスポンサーとして、ひとつひとつのパビリオンを担っていますが、入場は「ANA」が請け負っており、入場時に飛行機のチケットのようなものをボーディングパスに代えてもらい、入場となります。
これはなかなかかわいいチケットで、子供心どころか、旅行気分にさせてくれ、親心までもくすぐるものでした。



入場の際は、手首(幼児は足首など)にICタグ入りと思われるバンドをはめられ、入場のグループの記録をされます。



これは自分でははずす事が出来ず、帰りはグループがそろわなければ退場できないシステムになっているので、セキュリティのためということでしょう。
子供が多いですから、不審者が侵入して、他人の子供を外に連れ出したり出来なくなっているようです。
まぁ、子供から目を離してはいけないとは思いますが、ほぼ全てのパビリオンでは「親の入場禁止」ですから、これは安心ですね。

そして、入場の際、2歳から15歳の対象年齢の子供は、「キッゾ」と呼ばれる、お金の代わりの紙幣をもらえます。
大人はもらえません。残念。。。
今回娘がもらったのは、60キッゾで、うち50キッゾはトラベラーズチェックになっており、まず銀行に行って紙幣に代えてもらわなくてはなりません。
その銀行も大人の入場は不可のため、うちの娘(もうすぐ2歳)はトラベラーズチェックを握り締め、地球語ではない言葉を発しながらもカウンターに行って、お姉さんにキッゾの紙幣に交換してもらっていました。


<銀行で>

<キッゾ>

パビリオンは「お仕事施設」と「お仕事訓練施設」ですので、キッザニアではお仕事をすると賃金であるキッゾがもらえ、キッゾを払って訓練を受けたりします。
中にはデパートもあって、お買い物も出来るようになっています。
うちの娘はたいした労働が出来ませんでしたが、一応自分の稼いだお金で買い物をしたり、訓練を受けたりしました。
このあたりが「エデュテインメントタウン」ということなのでしょうね。

このお金、銀行に預けることも出来ますし、JCBのパビリオンに行くと、電子マネーのようなもの(e−キッゾ)に変えてもらうことも出来ます。ただし、この「e−キッゾ」、使えないパビリオンもあるので要注意です。

でも、カードがかわいいのでとりあえず作ってみました。


<e−キッゾ>

ここもまた子供がひとりでカウンターに行かなくてはならないため、しゃべれない子供は大変です。でも、もっと大変なのは、その子供を相手にしなければならない、パビリオンのお姉さんとお兄さんたちだと思いますが。

さて、お金の準備が終わると、次は早速お仕事です。
中には職安のような「おしごと相談センター」があり、個々にあったお仕事を紹介してもらえます。
うちの娘はほとんど言葉がしゃべれないなりに、「歌や踊りが好きということなので、『アーティスト』はいかがでしょう?」と、「ライヴステージ」なるエイベックスのダンスステージのようなところを斡旋されていました。

この「おしごと相談センター」に行く行かないに関わらず、子供たちは自分の好きなパビリオンに参加することが出来、様々な職業体験をすることが出来ます。
警察署や消防署、飲食店に新聞社、病院に幼稚園。
そのほかにも色々な施設がありました。

中でも私がビックリしたのは、「ビルクライミング」のお仕事(?)で、子供に命綱を付けて、本当にビルクライミングをさせていました。



あとオススメは、飲食店でのお仕事です。
残念ながらうちの娘は小さすぎて参加を見合わせましたが、ピザーラのピザや、モスバーガーのハンバーガーなど、自分で作って、それをその場で食べることが出来るのです。



参加することが出来ない子供や親たちのためには、それらの飲食物の販売もあります。
今回は無料でひとり1食、いただくことが出来、うちはピザーラのピザとポテトのセットと、デパ地下で売っていそうな感じのパスタとサラダうどんをいただいてきました。
本オープン後は、これらは通常のお金で買うものになるようです。




ちなみに、どれもおいしかったですが、これが自分の子供の作ったものだったら、おいしさもさらに倍増するだろうなぁ、と思ったりもしました。

大人専用という、休憩スペースがありました。
子供がパビリオンに入ると大人は締め出されますから(たいていのパビリオンはガラス越しに見学できますが)、こういったところはありがたいですね。
今回はソフトドリンクとコーヒーが無料で出されていましたが、オープン後はどうなるのでしょうか?

内装はどことなく、お台場の「ヴィーナスフォート」を思い出させるような作りになっていました。
青い天井のせいでしょうか?
子供向きにしては「明るく広々」というよりは、少々薄暗く、夕暮れ時の雰囲気です。
雰囲気作りでしょうか?



施設内は歩くと、そこここで、消防服を着た子供たちがビル火災を消火していたり、クロネコヤマトの制服を着た子供たちが台車を押していたり。
ガラス越しに中を見ると、内視鏡手術をする子供がいたり、新生児室で赤ちゃん(人形)の世話をする子供たちがいたり。



これまでになかったような施設で(一部自治体で同じような施設があるようですが)、うちは子供が小さいながらも、10時から15時までのおよそ半日、大変楽しむことが出来ました。

小学生くらいのお子さんだったら、きっと「また行きたい!」ということになるのではないでしょうか?
もちろん親御さんも、ステージに立つ我が子や、色々な衣装を着る我が子を見て、楽しくなること間違いないかと。
オススメです。

さて、そのほかの感想ですが、施設全体的に、子供たちの自主性を大変大事にしているような印象を持ちました。
たとえば、まだ小さいうちの娘などにも、ちゃんと色々な説明をしてくれ、制服の脱ぎ着や機械の操作など、自分で出来ることは自分でするよう、促されます。
パビリオンのお姉さん、お兄さんが手伝ってしまえば簡単に済むことも、時間がかかっても子供自身が出来るまで待ってくれる、これはなかなか難しいこと、かつ、子供にとってもすばらしいシステムになっているよう、思えました。
こういったことで、子供の好奇心や探究心は育っていくのですね。
普段の生活にもこういったこをを取り入れていかねば、とキッザニアスタッフに感服しました。

さて、営業時間や入場料など、詳しくは
「キッザニア公式サイト」
をぜひご覧くださいね♪

さて、なかなか更新のされないブログですが、時々ですがまた更新したいと思っておりますので、たまーにでも見ていただけると幸いです。
よろしくお願いします。
豊洲情報 | 16:08 | author : 豊洲ママ
comments(4) | trackbacks(9)
東京フロントコート子供会
フロントコート内に「子供会」が発足されるそうですね。
エレベーターの掲示で知りました。

掲示にもありましたが、最近子供が巻き込まれるイヤな事件が多いですので、大変素晴らしいことだと思います。
うちのような幼児のいる家庭、幼稚園生のいるお宅や小学生、中学生のいるご家庭。
普段はなかなかお付き合いがなく、情報を共有するのは難しいので、情報をまとめてアナウンスしてくださる組織があるのは嬉しいですね。
都心(江東区も都心です!)の大規模マンションというのは、ご近所に無関心になりがちかと思いますが、子供会があることで、どの子供がどのおうちの子なのか、みんなが知っているような関係が持てればよいですね(さすがに981世帯、みんなはムリでしょうが)。
そして、そういうことをアピールすることで、「豊洲4丁目付近はご近所の目が多い」という印象を持たれ、その結果、犯罪者が近寄りづらい環境作りに役立つのではないでしょうか?

スタッフとしてお手伝いしたい方、フロントに用紙があるそうですので、ぜひフロントへ。
子供の有無、年齢も問わないそうですよ。

私もなにかお手伝いが出来れば、と思ってはいるのですが、ブログも更新出来ないだらしなさなので、かなり2の足、3の足を踏んでいます。
お役に立てずにごめんなさい。。。

今回、やっと社会派な記事となり、なんとなくほっとしています。
別に新聞のように役に立ったり、情報発信の場になったりしなくてはならないわけではないでしょうが。
いつも不摂生していて、たまに野菜ジュースを飲むと安心するような、なんだかそんなマニアックな爽快感を感じている私です。
東京フロントコート&お引越し | 00:05 | author : 豊洲ママ
comments(3) | trackbacks(2)
オフ会(?)に行ってきました
先日のことですが、以前から交流のありました豊洲系ブログを主宰されている方たちにお会いしてまいりました。
こう書いてしまうと、本当に「オフ会」のようですが、実際はちょっと違って、みなさん家族でいらしていて、ホームパーティーにお呼ばれされた、という感じでした。
一緒に行ったうちの夫は「オフ会、オフ会」と、なんか私のことをオタク呼ばわりしていましたが。

以前、「豊洲で新生活」のチャコさんにお会いしたときもそうでしたが、ネット上でお話したことのある方とお会いするというのは、一種独特のものですね。初めて会ったのに、前から知っていたような。
実は夫は私よりも熱心な豊洲系ブログ読者なので、彼も私と同じだったでしょう。
私も夫も人見知りの方なので、行くまでちょっと心配だったのですが、みなさま本当に感じのいい方たちで、手作りのおいしいお料理とお酒にも助けられ、すぐに溶け込むことが出来ました(少なくとも私はそう思っています)。

豊洲に越してきてからそろそろ半年ですが、小さなお子さまのいらっしゃるお母さま以外はなかなかお話する機会がなかたったので、お子さまのいらっしゃらない方や、特に男性の方とお話するというのは楽しく、そしてとてもお勉強になることでした。
おいしいお店や、美人女医さんのいる病院のことまで(笑)、いろいろ教えていただきましたよ。

「ぜひぜひまた誘ってください」と何度もお願いして帰ってまいりました。
それくらい楽しい会でした。
ご参加いただいた方、もし見ていましたら、その節は本当にありがとうございました。ごちそう様でした。

参加されていない方にはわかりづらい上にちっとも面白くない記事だったかもしれませんが、一応、ブログを書いているもの同士交流もしているんだよ、ということがお知らせできれば、と思っています。
まぁ、お知らせされたところでどうしようもないかもしれませんが、とりあえず私の自己満足ということで。

次回こそはもう少し社会性のあるネタを、と思っています。
ほんと、スミマセン。
- | 23:35 | author : 豊洲ママ
comments(2) | trackbacks(0)
スミマセン、お久しぶりです。。。
みなさま、こんにちは。
大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしのことでしたでしょうか?

春眠暁を覚えずといいますが、私の場合まさにその通りで、ここ1ヶ月ほど、1歳の娘と同じ時間に寝るような生活を送っておりました。
その結果、PCを立ち上げる時間がなく、あたりまえですがブログも更新もされず、という結果となっておりました。
「更新されたかも?」とたまに覗いていただいた方がひとりでもいらっしゃっていたら、大変申し訳ないことと思います。
ほんとに、ごめんなさい。

ところで、前回の記事(「お知らせ2」)についてご心配いただくコメントをいただきましたが、私が中傷されたわけでもありませんし、私自身としてはまったく気にしておりません。
今回、記事の更新が大幅にされなかったこととは無関係ですので、ご心配いただいた方、お気になさらないでくださいね。
そして、なによりもご心配ありがとうございました。

最近梅雨のような空模様で春とは程遠いお天気ですが、私の眠りはなかなか暁を覚えないようです。まぁ、朝はそれなりに起きていますので、「春眠暁を覚えず」は間違った使い方ですが。

今回、あまりに更新されないブログに痺れを切らした夫に急かされ更新となりましたが、今後は時間を見て(テレビを見ている時間が長いのでそれを削り)更新をしたいと思います。
前にも同じようなことを書いたかと思いますが、見放さず、たまに覗いていただければ、と思っております。

それでは、今日はここで。
言い訳のみで、記事にならずに申し訳ありませんでした。
- | 20:31 | author : 豊洲ママ
comments(2) | trackbacks(0)
お知らせ 2
何の話だか分からない、といった方のほうが多いとは思うのですが。

先日、いただいたあるコメントを削除させていただきました。
一方的に断りもなく行いましたので、それに対してお叱りもいただきましたが、以前に同じようなことがあった際に、「誹謗中傷のコメントは削除します」とお話してありましたので、今回はしようがないかと思っています。
さらに今回は他の方のお名前を語られていましたので(ご本人からご連絡がございました)、すぐに削除させていただきました。
ご理解ください。

今回はある施設への悪いご意見だったのですが、私としましては、口コミとしての情報は、住民としてもブログ管理者としても大変ありがたいのですが、あまりに直接的な悪い感想はこの場にはそぐわないように感じております。
どこまでが口コミで、どこからが誹謗中傷の域かと言われますと、完全な線引きが出来ないというのが正直なところなのですが。

なんのお話か分からない方にはご気分を害されたかもしれなく、申し訳なく思っております。
しかし、同じようなことがあった場合、今後も同じように対応させていただきますので、よろしくお願いします。

私に実際に会われた方からの
「豊洲ママに会ったけどブサイクだったよ」
などという書き込みに関しましても、かなり事実に近いとは思いますが、これは誹謗中傷としまして、即刻削除させていただきますので、悪しからず。
ちなみに
「美人でナイスバディだった」
というコメントに関しましては、かなりウソなのですが、美醜は主観的なものですから、ここはグレーゾーン(?)としましてそのままにします。
- | 13:33 | author : 豊洲ママ
comments(5) | trackbacks(0)
またまた正体バレるの巻
ところで度々話題になるフロントコート1階の「りゅう薬局」ですが、あそこの方々には、私の正体(ってほどものもでもないですが)がバレていました。

いつものように処方箋を手にフラフラ入っていくと、突然
「最近ブログの更新がされてませんね」
と、お兄さんに言われ、
「そうですね〜。・・・・・えっ!? なんで知ってるんですか??」
と、マンガのような反応をしてしまいました。
ほんと、なんでバレたんでしょうねぇ?

そして、ほかのご近所の方々にも、じょじょにバレつつあります。
そりゃあ、「○○に行きました」とか書いていたら、いっしょに行った方には分かりますよねー。

楽しんで読んでくださっていると伺うと嬉しいのですが、書く内容も限られてしまって困りますね。
うちの荒んだ生活のこととか、恥ずかしくて書けなくなってしまいました。
ほんと夫のこととか、娘のアホ話とか(私の失敗談とか)、色々あるんですけどねぇ。
しかし、当たり前ですが、ブログよりも実生活優先、お友達優先ですから。

ところで、実は知らない間に、以前お隣プライヴブルーでブログを書かれていた方(現在は閉鎖されてます)の奥さまとお茶をさせていただいていました。
後日、私がこのブログの管理者だということがバレて聞いた話なのですが。

ブログを書かれていたご主人とはお互いのブログでコメントを書いたりしていたので、なんだか不思議な感じです。
今後、実際にお会いすることもあるんでしょうか?

ほんと、世間は狭いですね。
まぁ、「豊洲」という狭ーいところでのお話ですが。
東京フロントコート&お引越し | 00:05 | author : 豊洲ママ
comments(3) | trackbacks(0)
「ぴったんこカンカン」続報
以前、お伝えした
「ビバホームでテレビの取材らしきものを見た」
の、続報です。

例の「りゅう薬局」のお兄さんから聞いた話なのですが、先週放送されたそうです。
私は見れませんでした。残念。。。

なんだか安住アナが高島礼子とたくさん買い物をして、それを自腹で払わされていたとか。

見たかったなー。
なんか普段行くところでも、テレビを通してみると新鮮に見えたり、嬉しかったり、とかありますよね。

豊洲情報 | 23:52 | author : 豊洲ママ
comments(2) | trackbacks(0)
強風の豊洲
海の近くだからなのか、豊洲は風が強いですね。
ここしばらくは全国的に強風のようでしたが、それでも豊洲は特別に強かった気がします。

先週のことですが、特に風の強かった夜、あるお店の入り口のガラス製のドアが風で勢いよく開いて割れていました。中にいたお客さんはさぞ寒かったことでしょう。まぁ、驚いて寒いどころではなかったかもしれませんが。

フロントコート内でも、あるお宅のベランダの柵の一部が外れるということがありました。
現在では補修・補強がされましたが、ほとんど落ちる寸前だったということなので怖いですね。
それは落ちなかったようですが、強風の日には、ゴミ袋や洗濯物などが中庭を舞っているのをよく見かけますので、あまり歩きたくないですね。
洗濯物くらいなら当たってもビックリするくらいで済みそうですが、重いものやとがっているものだと命の危険さえありそうです。
物理は苦手ですが、20階の高さからだと、ちょっとしたものでも落ちたら大変なことになりそうですね。

昨日のことですが、下の小児科の前を歩いていたら、ハンガー付きの洗濯物が3点、上から降ってきました。
たぶんA棟から落ちてきたんだろうと思ってフロントに届けましたが、洗濯物もハンガー付きだとぶつかったら痛そうです。ハンガーは物干し竿を挟むタイプにしたほうが良さそうです。
うちも引っ越し早々にくるくる回る洗濯物にびっくりしてビバホームに買いに走りました。

小児科といえば、先日、小児科の前に停まっていた車のサイドブレーキが外れていて(前のマンションに来ていた配送業者の車だったようです)、風で動き出し、あわや大惨事、といったこともありました。
受付のお姉さんが運転手さんを呼びに行ってくださり、何もなく済みましたが、トラックも動かすとはさすが豊洲の風です。
というか、感心している場合ではないですね。
みなさん、サイドブレーキは必ずかけましょうね。
そして、強風の日には頭上に注意しましょうね。
豊洲情報 | 16:43 | author : 豊洲ママ
comments(7) | trackbacks(3)
 
CALENDAR
 
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
 
 
NEW ENTRIES
 
 
CATEGORIES
 
 
ARCHIVES
 
 
MOBILE
 
qrcode
 
LINKS
 
 
PROFILE
 
 
PAGETOP